〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町1-1-9 アールグラン宝塚202

電話番号 0797-85-8801
診療時間 午前9:30~13:00 午後14:30~19:00 休診日 木曜日 日曜日 祝日

宝塚市の歯科|ホワイトニング・顎関節症・噛み合わせ・精密治療・むし歯

MOBILE SITE

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

拡大鏡SurgiTel

拡大鏡SurgiTel

当院では、より精密で、正確な治療が行えるように、特殊な診療用メガネをすべての治療に活用しています。プロゴルファーやオリンピック選手も愛用している、オークリーのフレームに、瞳孔間距離を計測し、作業距離を設定して、拡大鏡(ルーペ)を埋め込んだ軽量タイプで、米国にオーダーしたカスタムモデルです。

現在は、これに45,000ルクスのLEDライトシステムを装着し、「視線と同軸で」光を照射することで、見たい所が的確に強力に明るくなります。

サージテルは1900年代前半から一般医科の微細外科領域で用いられ、近年になって歯科臨床でも用いられるようになりました。医科の手術では拡大鏡を使うのが当たり前になっていますが、歯科医院ではあまり使われていません。2~5倍の拡大鏡を使用することによって、裸眼では見ることの出来ない歯の細かい凹凸や、隠れた根管、かぶせ物の適合状態など様々なことが分かるので、精密度が要求される歯科治療を行う際にはとても有効です。

また、歯科治療は様々な角度から術野を覗き込む必要性があり、自分の視線の動きと一体化したメガネタイプの拡大鏡は大きな戦力になります。たまに、拡大鏡を外して治療をしようとすると裸眼での治療には限界があることを実感します。最小限の負担で確実な治療を行うために拡大鏡は本当に効果の高いものです。

ところで、歯科では、どの程度の精度で、治療が行われているかご存知ですか?例えば、噛み合わせの調節には30/1000mm以下のカーボン紙が用いられています。しかし、裸眼での識別は、0.2mm程度が限界です。肉眼では見えない30ミクロンレベルまで実際に見ることができれば、詳細な情報が得られ、精密な処置が可能となります。

よく見えることによって、“見逃す”ことがなくなり、「今まで以上に細かい作業をする必要性が出てくる」のではなく「必要最小限の治療で済む」という結果につながります。また、拡大鏡を使うと、詰め物や被せ物と歯の境目、歯の表面のプラークなどがはっきりと見えます。歯との境目に段差があると、そこに汚れがついて、またむし歯になる可能性が高まります。

一度治療した歯は、時間が経つとどうしても悪くなってしまいます。それは、治療した歯の境目からセメント(接着剤)が溶けて、そこからまたむし歯になってしまうからです。拡大鏡を使うことによって、見ることの重要性を認識し、妥協しない、良い治療を行っていけば、できるだけ歯を長持ちさせることができるのではないでしょうか。

拡大鏡による精密治療のメリット

◇確実な治療が行える

歯を大きく拡大して見ながら治療することで、むし歯や歯石・歯垢などの取り残しなどが無くなります。詰め物や被せ物などの精度が上がります。(歯を削る時、型を採る時、歯との適合を見て調節する時)

◇最小限の治療で済ますことが出来る

必要最小限の治療で済ませることができ、あなたの大切な歯を守ることにつながります。

◇痛くない治療を行える

最小限の確実な治療は、治療時の痛みを減らすことが出来ます。

◇難しい根の治療にも大変有効である

隠れた根管を見つけたり、根管内の汚れ、歯根破折の有無を確認することができます。

»精密治療を行う歯科医院検索サイトはこちら

PageTopへ戻る