〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町1-1-9 アールグラン宝塚202

電話番号 0797-85-8801
診療時間 午前9:30~13:00 午後14:30~19:00 休診日 木曜日 日曜日 祝日

宝塚市の歯科|ホワイトニング・顎関節症・噛み合わせ・顎関節症

MOBILE SITE

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

根管治療

感染根管治療

むし歯などによって歯髄(歯の中の神経や血管などの組織)が死んでしまい、根管を通じて感染が根の先の部分に及び、ここに病巣(根尖病巣)ができている場合や、以前治療した歯根の先に膿が溜まってしまった場合の治療です。

1.洗浄

特殊な針状の器具を使って、歯髄を取り除きながら根管を拡大し、清掃を行います。この時、根の先まで器具が届いているかどうかを電気的およびレントゲン的に確認します。

2.治療

根管の中に薬を入れた状態(根管貼薬)で、仮封(仮詰め)します。
この処置は根管内が無菌状態になり、歯を叩いても痛みや違和感を感じなくなるまで、数回行います。

根管充填

根管治療を行い、根管が無菌化して歯周組織の炎症が治まれば、根管の中をすき間なく専用のシーリング剤を用いて封鎖します。これを根管充填といいます。

根管治療は、この根管充填までしっかりと完了させておかねばなりません。途中で中断したまま放置しておくと、根管内の細菌が増え、再度根尖病巣が大きくなってきます。再発した炎症はひきにくく、ひどい場合は抜歯になることもあります。

根管治療を中断すると

細菌や腐敗産物で汚れた根管(歯の神経が入っていた管)を清掃消毒し、薬で隙間なく封鎖する処置が根管治療です。

この根管治療を途中で止めてしまうと、根管内が再び細菌に感染したり、口腔内の汚れで汚染されてしまいます。そして、そのまま放置しておくと、根の先に出来た病巣(根尖病巣)が大きくなってしまったり、むし歯が根の方向に進行してしまい、本来なら抜かなくてもよい歯を抜くことにもなります。また、根の周囲が膿んで強い痛みが出たり、大きく腫れたりすることもよくあります。

しっかりと最後まで治療を受けないとさらに病気を進行させる結果になってしまいます。
治療は、最後まで受けましょう!!

PageTopへ戻る