〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町1-1-9 アールグラン宝塚202

電話番号 0797-85-8801
診療時間 午前9:30~13:00 午後14:30~19:00 休診日 木曜日 日曜日 祝日

宝塚市の歯科|ホワイトニング・顎関節症・噛み合わせ・顎関節症・根管治療・歯周病

MOBILE SITE

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

歯とお口の情報BOX

ホーム»  歯とお口の情報BOX»  むし歯»  むし歯の進行

むし歯の進行

むし歯の進行

◇ CO(要観察歯)
初期むし歯とも呼ばれます。歯の表面が白くにごってくすんで見える状態です。まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくとむし歯に進行してしまいます。

◇ C1
歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。まだ穴になっていません。

◇ C2
象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。

◇ C3
むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。

◇ C4
歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、さらに歯周病へと進んでいきます。

2016-09-24 12:04:34

むし歯

 
PageTopへ戻る