〒665-0845 兵庫県宝塚市栄町1-1-9 アールグラン宝塚202

電話番号 0797-85-8801
診療時間 午前9:30~13:00 午後14:30~19:00 休診日 木曜日 日曜日 祝日

宝塚市の歯科|ホワイトニング・顎関節症・噛み合わせ・顎関節症・根管治療・歯周病

MOBILE SITE

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

歯とお口の情報BOX

ホーム»  歯とお口の情報BOX»  年齢とお口の中

年齢とお口の中

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

乳幼児期について

◇お口の特徴

生後6ヶ月ごろから乳歯が生え始め、3歳頃に生えそろいます。

◇オーラルケアのポイント

乳歯が生え始める頃にむし歯菌が保育者(主に母親)から感染します。感染の時期が遅ければ遅いほど、子供のむし歯リスクは低くなるので、子供の周りにいる人は、お口を清潔に保つよう心がけましょう。

乳歯は永久歯に比べて、むし歯菌の出す酸に歯が溶けやすくむし歯になりやすいので、仕上げ磨きを行い、おやつや砂糖入りの飲み物の与え方に注意しましょう。

2016-09-24 12:24:49

乳幼児期の歯みがき

◇上の歯が生え始めたら

水を含ませたガーゼや脱脂綿などを指先に巻き付けて、歯の表面の汚れをやさしく拭き取って下さい。このころは手にしたものを何でも口に入れたがるので、歯ブラシを遊びの中に取り入れ、歯ブラシに慣れさせましょう。また、お母さんは口の中を見る習慣を付けましょう。

◇1才になったら

少なくとも、朝と晩の2回くらいは小さなやわらかい歯ブラシを使って、やさしく歯面の汚れを取ってあげましょう。

◇1才6ヶ月~2才頃

自我がだいぶ強くなり、一人で歯みがきをしたがります。不十分ですから必ず後で見てあげましょう。歯ブラシは子供の口の大きさにあったものを選んで下さい。

◇3才過ぎたら

不十分ながら一人でみがけるようになります。しっかりみがけるよう訓練をはじめましょう。乳歯のむし歯が急増する時期ですので、必ずお母さんが仕上げみがきを行って下さい。みがいた後は忘れずにほめてあげましょう。

2016-09-24 12:24:07

上手な仕上げみがき

  • お子さんをあお向けに寝かせ、頭をひざに乗せます。
  • 上下のくちびるを開き、よく歯が見えるようにします。
  • 楽しく、やさしく、みがきます。
  • 特に、歯と歯茎のさかいめ、歯と歯の間、歯のかみ合う溝の中に、
    汚れがたまりやすくなっています。
  • 歯ブラシは、ヘッドが小さく、毛先の短めのものを選びます。
  • みがく順番を決め、みがき残しのないようにします。

2016-09-24 12:23:29

学童期について

◇お口の特徴

6歳ごろから乳歯が抜け始め、永久歯との交換が始まります。

◇オーラルケアのポイント

乳歯と永久歯が混在する時期のため、お口の中が複雑になり歯みがきが難しくなります。

生えたての永久歯は、むし歯菌の出す酸に溶けやすくむし歯になりやすいので、歯並びや歯の大きさに合った歯ブラシの選択と保護者による仕上げみがきをしっかり行いましょう。フッ素入り歯磨剤もおすすめです。

定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアを習慣化しましょう。

2016-09-24 12:22:51

シーラントについて

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。ここにシールをしてむし歯を予防する方法があります。これがシーラントです。シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。
ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に健診をする必要があります。

シーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯が出来なくなるというものではありません。また、これらの処置は初期のむし歯の治療法としても行います。

2016-09-24 12:22:13

フッ素について

◇フッ素の働き

歯とフッ素はどのような関わりがあるのでしょうか。人の歯の表面は、エナメル質でおおわれています。エナメル質は人体の中でもっともかたいところで すが、むし歯になると溶けてしまいます。フッ素はこのエナメル質(ハイドロキシアパタイト)に取り込まれるとフルオロアパタイトというむし歯に強い(溶け にくい)物質に変えることができます。
また成熟していない形成期の歯に対しては、より結晶性の高いハイドロキシアパタイトを生成して強い歯をつくります。ほかにも自然治癒が可能な初期のむし歯の場合、フッ素を塗ることで治癒を助けることが出来ます。

◇フッ素の安全性

私たちはフッ素を食べ物や飲物などから自然に少しずつ体内に取り込んでいます。フッ素は特別な薬品ではありませんので、大量に使用しなければ体に悪影響を及ぼしません。

2016-09-24 12:21:30

フッ素入り歯みがき剤の使い方

1.歯ブラシに1cm(1g)以上のフッ素入り歯みがき剤をつけます。(5歳未満では5mm以下)

2.ブラッシング前に歯みがき剤をお口全体に広げ、途中で歯みがき剤を吐き出さずに歯みがきをします。

3.コップに1cmくらいの少量のお水でお口全体を大きく動かして1回だけ口をゆすぎます。

4. 2時間ほどうがいや飲食をさけます。

2016-09-24 12:20:17

思春期について

◇お口の特徴

15歳ころまでに、永久歯が生えそろいます。

◇オーラルケアのポイント

ホルモンバランスに変化が現れ、歯肉の炎症が起こりやすいので、規則正しい食生活とお口の清潔に気をつけましょう。

口臭が出やすい時期ですが、大半はお口を清潔にすることで防ぐことができます。

勉強や部活動などが忙しくなり、歯科医院への通院が滞りがちになる時期です。歯科医院でのプロフェッショナルケアを習慣化しましょう。

2016-09-24 12:19:15

成人期について

◇お口の特徴

永久歯が成熟する時期です。

◇オーラルケアのポイント

永久歯が成熟し、お口の中の変化が少ない時期なので比較的安定していますが、生活習慣病の発生・進行の時期でもありますので、お口の健康への影響に気をつけましょう。

歯周病によって歯を失うことが増え始めます。ていねいな歯みがきと歯科医院でのプロフェッショナルケアを定期的に受けましょう。

特に以前詰め物をした歯がまたむし歯(二次う蝕)になると、歯を失うことになりかねません。歯みがきはていねいに行いましょう。

2016-09-24 12:18:36

妊娠期について

◇お口の特徴

口内のpHが酸性に傾いたり、つわりの影響が出る時期です。

◇オーラルケアのポイント
歯周病にかかりやすくなる
女性ホルモンの増加やつわりの影響で歯みがきが十分にできないことが重なり、歯肉が炎症を起こしやすくなります(妊娠性歯肉炎)。
むし歯にかかりやすくなる
お口の中のpHが酸性に傾くため、むし歯にかかりやすくなります。つわりの時期は食べ物の好みが変わったり、少しずつ何回も食べたりと食習慣が変わること、十分な歯みがきができないことなども影響します。

吐き気を起こしにくい小さな歯ブラシや味や香り、粘膜への刺激の少ない歯みがき剤を使ってお口の清潔を保つようにしましょう。どうしてもみがけない場合は洗口(ぶくぶくうがい)だけでも行いましょう。

2016-09-24 12:17:09

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
PageTopへ戻る